あこがれの輸入住宅が建つまで、楽しみです

あこがれの輸入住宅が建つまで、楽しみです

結婚をして15年が過ぎ、12年前に夢のマイホームを建てることができました。知り合いの大工さんに依頼をして、いろいろな間取りのプランを立てながら、注文住宅を建てました。はじめは、いろいろな場所の住宅展示場を見に行き、夫と二人で自分たち好みの和風の家にすることにしました。特に夫の希望で、和室で障子戸で畳部屋が落ち着くということで、外観なども和風にしました。当時私たちはまだ若かったので、大工さんも少し驚いていました。その頃は、だんだん輸入住宅も流行りだしていたので、気になってはいましたが、子供もまだいない生活だったので、二人だけの希望で決めました。和風住宅に住み始めてから、2年後に子供に恵まれて、今では、3人の子供がいます。毎日にぎやかに過ごしていますが、12年前に建てた家の間取りでは、子供部屋が少ないことや、家族みんなで過ごすリビングルームが狭いということ、いろいろと考えなくてはいけない事がたくさん出てきました。台所も子供たちと一緒に調理をするには狭いので、夫と話し合いをして、広い物件を探すことにしました。予算的なこともあったので、中古住宅の購入も考えましたが、私の中では、輸入住宅がずっと気になっていました。最近の輸入住宅は、和風よりもかなり安く建てられることを知り、思い切って立て替えることにしました。もともと土地はありましたので、住宅だけの建築費用だけですみました。もうすぐ完成するので、とても楽しみにしています。

新着情報

おすすめサイト

関連情報